Power Appsの使い方

Power AppsとPower Automateの使い方やできることがわかるブログを目指しています。

Power Apps 初期Screenを条件により切り替える

Power Appsでは、OnStartプロパティに設定することで初期画面を動的に変更することができます。 OnStartプロパティを開く OnStartはツリービュー > App から参照できます。 Navigate()で初期画面を設定する OnStartにNavigate()関数を記述することで、初期画…

Power Apps アプリ起動時にパラメータを送る。受け取る。

アプリ起動用URLにパラメータを設定することで、アプリに値を送ることができます。 パラメータを渡す パラメータは?ID=123のようなかたちで渡すことができます。 例: [起動用URL]?ID=123 複数のパラメータを渡す 複数パラメータを渡す場合は、&でつなげます…

Power Apps タイマーコントロールが挿入できないんだけど!?

タイマー?そんなの無くね?という方。 挿入 > 入力 のパネルはスクロールできます。 下にスクロールしてみてください。 スライダーとか、タイマーとかが出てきます。 macユーザーだとスクロールバーが出なく、ハンズオンとかで「タイマー無い!?」という方…

Power Apps ギャラリーコントロール上の変更を都度Collectionへ反映させる

Collectionをデータソースとしているギャラリーにテキストコントロールなどを設置して、直接値を書き換える方法について。 やり方 ギャラリーでリスト上に表示したCollectionに対して都度更新したい場合、以下のようにコントロールのOnChangeなどでPatch()処…

Power Apps セッションがタイムアウトしてしまう場合の対処法

Power Appsでサイネージを作ろうと思ったんですが、放置しているとセッションがタイムアウトしてアプリが止まってしまう。 どうしたらいいか? 定期的にブラウザを更新するとタイムアウトしないみたいです。 案1 Chromeの拡張機能で定期的に更新する ブラウ…

Power Automate x MSGraphでTeamsのチームにメンバーを追加する

必要なアクセス許可 今回必要なアクセス許可の種類は以下です。 GroupMember.ReadWrite.All 事前にアクセス許可を設定しておきましょう。 Teamsのチームに追加する 下記のサンプルのようにするとチームに追加することができます。 チームへ追加 サンプル { "…

Power Automate x MSGraphでメンバーとしてユーザーを招待する

必要なアクセス許可 今回必要なアクセス許可の種類は以下の2つです。 User.Invite.All Directory.AccessAsUser.All(ゲストで招待する場合は不要) 事前にAzureADでアクセス許可を設定しておきましょう。 ユーザーをメンバーとして招待する 以下のような感…

Power Automate フローがソリューションに入っていると外部テナント用MSGraphのアクションが失敗する

外部テナントをMSGraphを使用して操作しようとした際に、どうもうまく動かなかった。 カスタムコネクタ作成時のテストではうまくいっていたのに。 下記のようにソリューションに入っていると失敗する。 試しにマイフローから作成すると、問題なく動作した。 …

Power Automate x MSGraphで外部テナント操作用カスタムコネクタを作成する

外部テナントをMSGraphで操作するカスタムコネクタ作成について書きます。 Power AutomateとMSGraphを組み合わせると、外部テナントと連動するフローなんかもつくれてしまいます。 ざっくり手順 ざっくり、以下のような流れで作成していきます。 ・AzureADで…

Power Apps ForAll + Patch で複数レコードを一括更新する

ギャラリーやコレクションで保持している変更を一括で更新したい場合、ForAll()とPatch()を組み合わせて行うことができます。 一般的によくハマること とりあえずForAllで更新してみようとすると、大体失敗すると思います。 Collectionやギャラリーのカラム…

Common Data Service x Power Automateでトランザクション処理を行う

Common Data Serviceに対してトランザクション処理を行いたい場合、Power Automateで行うことができます。 トランザクションでなにができる? トランザクション(変更セット、Change set)内では、CDSの ・Create ・Update ・Delete が実行可能です。 処理の…

Power Apps 曜日を表示する

Power AppsではCalender関数を使用して曜日リストを取得できます。 Calendar.WeekdaysShort() Calendar.WeekdaysLong() などを使用すると、曜日の単一行テーブルを取得できます。 新しい画面 > カレンダー で作成されるページでも使用されています。 ですが…

Power Apps ナビゲーションバーを非表示にする

Power Appsのアプリの画面上部にはナビゲーションバーがついていますが、これは取り除くことができます。 やり方 アプリ起動用のURLに「&hidenavBar=true」をつけると取り除くことができます。 このようにスッキリします。 サイネージとかだとナビゲーション…

AI Builder ライセンスについて

AI Builderのライセンスについて、ざっくり調べたのをメモしておきます。 AI Builder ライセンスについて AI Builderのライセンスはテナントごとのボリュームライセンス。 Power AppsやPower Automateなどのライセンスを持っていることが前提。 500$ / 1,000…

Power AppsでAzure DevOpsのWork Itemを表示する

Azure DevOpsでタスク管理をしようかなと思ってやってみたのでメモを。 Power Apps側は表示だけで、WorkItemの作成や更新はひとまずはDevOpsでやる予定です。 事前作業 プロジェクトなどは事前に作成しておきます。 使用するクエリはDevOpsで事前に作成して…

Power Apps Now()でミリ秒まで表示する

Text()関数で表示形式をしていすることができますが、リファレンスのページを見ても書いてなかったのでメモ。 表示方法 下記のように記述するとミリ秒まで表示、取得できます。 Text(Now(),"yyyy/m/d hh:mm:ss.fff") 参考URL Now()リファレンス https://docs…

PowerAppsでローコーディングな勉強会 #10 イベントレポート

先日12/18にPowerAppsもくもく+LT会を開催いたしました。そのレポートです。 ご参加いただいた方ありがとうございました。 場所 会場は日本マイクロソフトさんのセミナールームをお借りして開催しました。 参加枠 会場でもくもくする枠とTeamsを利用してリモ…

Power Appsで横スクロールアクションゲームを作る ジャンプ編

1年以上前に作ったゲームアプリですが、今更ながら作り方の解説記事を書いてみます。 ↓昨年9月に行われた海外コミュニティ主催のPowerAppsゲーム作成コンペで優勝したアプリ こんな感じの横スクロールアクションゲームを去年作成しました。 いくつかのセンテ…

Power Virtual Agentsでドラ○エIII風性格診断作ってみた

Power Virtual Agentsでドラ○エIII風の性格診断Botを作ってみました。 ドラ○エIIIの性格診断って? ゲームを始める際にいくつか質問に答えて、主人公の性格を決めます。 性格によって、パラメータの上がり方が変わったりする面白いシステムです。 今回はこの…

Common Data Service エンティティやレコードのアクセス制御について

Common Data Serviceでは、以下の3つのレベルによってレコードを保護することができます。 ・ロールベースのセキュリティ ・レコードベースのセキュリティ ・フィールドレベルのセキュリティ 各セキュリティを設定することで ・権限のあるエンティティのみ…

Power Apps x Power Automate x FaceAPIで自動応答システムを作る

Ignite the tour tokyo用のデモアプリを作ってたらFaceAPIを使いたくなりまして、せっかくなのでまとめておきます。 FaceAPIについて FaceAPIはCognitive Servicesの一機能です。顔の画像を送ると、人の顔の感情とか、性別年齢などを判別できるAPIです。使う…

Power Automate Teams上で承認を行う

Power AutomateのApploveコネクタで承認要求を作成することができますが、通常だとOutlookやPower Automate上で承認する形になります。 が、ひと手間加えるとTeams上のチャットにも承認依頼を投げることができます。 承認依頼を作成する 承認依頼を作成する…

Microsoft Certified Azure Fundamentalsを取得してPower Platformをもっと活用しよう

先日Microsoft Certified Azure Fundamentals(AZ-900)を取得した記念に、取得するメリットなどについて書こうと思います。 Microsoft Certified Azure Fundamentalsとは Microsoftの認定証のなかに、Microsoft Certified Azure Fundamentalsというものがあ…

Power Automate UI flowsを試してみる(準備編)

先日Microsoft ignite 2019にて、Power Automate が発表されました。 このPower AutomateはFlowの名前が変わったものですが、目玉機能としてUI flowsが同時に機能追加されました。(現在パブリックプレビュー) 詳細は下部のリンクから。 今回はこのUI flows…

PowerAppsでローコーディングな勉強会 #8 イベントレポート

先日10/29にPowerAppsもくもく+LT会を開催いたしました。そのレポートです。 ご参加いただいた方ありがとうございました。 場所 会場は日本マイクロソフトさんの会議室をお借りして開催しました。MSさんありがとうございました! 参加枠 会場でもくもくする…

Common Data Service ユニークな自動連番フィールドの作成

UI上からオートナンバーのフィールドを作成できますが、一意性は保証されておらず同時に2名で新規フォームを登録したりすると余裕で被ります。※1 一意性が保証された自動連番はWeb APIなどを利用してのみ設定が可能です。 連番やランダムな文字列、プレフィ…

Common Data Service コードでデータを操作する手段について

Common Data Serviceでコードを使用してデータ操作する場合の手段について、概要レベルで整理してみました。 開発者向けの機能ですが、Common Data Serviceではコードを利用して様々なデータ操作機能を実装することができます。 以下の機能を利用して、トラ…

Flow コンポーネントの読み込み中にエラーが発生しました

プレビュー機能のアクションの複製を試したらたまにこのようなエラーが発生した。 変更がパーに・・・ このエラーが発生した場合、他のエラーにより保存ができない場合は保存できないし、未保存の変更をパーにするしかないと思われる。 この状態だと右上の[…

Flow 実行数と課金形態について

Flowの実行数と課金形態について整理する。 Flowは実行数での課金 テナント全体でFlowの実行数は共有されていて、テナントの持っている実行可能回数を超えると、Flowが実行できなくなる。AさんはFlow使えてBさんは使えない、とかはない。死ぬときはみんな一…

Flow Microsoft Graphを使用する

Microsoft Graphとは Microsoft Graph は、Microsoft 365 のデータとインテリジェンスにアクセスするための入り口です。 Microsoft Graph の概要 https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/overview ざっくり言ってしまうと自テナントのMicrosoft 365のデータ…

わかりにくい!知りたいことが書いていない!記事に誤りがある!この記事イケてないな!
などありましたらご指摘いただけると幸いです。

コメントまたはTwitterの方までお願いします。