PowerAppsの使い方

PowerAppsの使い方やできることがわかるブログを目指しています。

PowerApps 自前フォームからデータソースへデータを保存する

事前準備

スクリーンAに

・新規登録へ ボタン

 

スクリーンBに

・フォーム

・保存 ボタン

 

を予め追加しておきます。

 

新規登録画面へ ボタンの処理

 

OnSelectプロパティに

 

NewFrom(Form);

Navigate(screen,Fade)

 

と入力します。(カッコの中はご自身の環境によりことなります。おそらく選択肢が自動で出てくれると思いますので、自分で追加したフォームや画面を指定してください。)

ここでフォームを新規登録モードにしています。何となくそういうもんなんだ、と思っていただければ大丈夫です。

 

f:id:botherntu:20180821000704p:plain

 

保存 ボタンの処理

こちらもOnSelectプロパティに

SubmitForm(Form)

 

と入力します。フォームの内容を保存せよ、という命令ですね。

今はフォームのモードが新規登録モードなので内部的には登録の処理がされます。

 

f:id:botherntu:20180821001459p:plain

 ※もしフォームのモードが編集モードのときにSubmitForm()をすると、データが登録ではなく更新されます。同じコードでもモードによって処理が変わってくるんですね。

 

保存時に前の画面にもどる

保存できたら前の画面に戻ったほうがきっと便利ですよね。

 

フォームを選択して、OnSucessプロパティに

Back()

 

と入力します。

f:id:botherntu:20180821002240p:plain

 

以上です。

 

これでボタンから登録フォームへの画面遷移、保存して元の画面へ戻る、といったことができるようになりました。

わかりにくい!知りたいことが書いていない!記事に誤りがある!この記事イケてないな!
などありましたらご指摘いただけると幸いです。

コメントまたはTwitterの方までお願いします。