Power Appsの使い方

Power AppsとPower Automateの使い方やできることがわかるブログを目指しています。

Power AppsでAzure DevOpsのWork Itemを表示する

Azure DevOpsでタスク管理をしようかなと思ってやってみたのでメモを。

Power Appsは表示だけで、WorkItemの作成や更新はひとまずはDevOpsでやる予定です。

 

事前作業

プロジェクトなどは事前に作成しておきます。

使用するクエリはDevOpsで事前に作成しておきます。

 

WorkItemリストを取得する

WorkItemリストの取得はGetQueryResultsV2()関数を使用します。

クエリは任意のものを作成、指定できるのでまぁまぁつかえそうですね。

他の関数では、例えばワークアイテムの子アイテムリストを取得することものもあります。

 

関数に必要な各引数は事前に作成したクエリのページから全て取得できます。

値はDevOpsのページを開いて確認してください。

 

関数と引数

AzureDevOps.GetQueryResultsV2(プロジェクト名,クエリID,組織名)

 

使用例

AzureDevOps.GetQueryResultsV2("My%20work","63f6c0ae-a566-48be-9b5e-d2a0750af30f","ZEE-CitizenDevSupport").value

※値は私の環境+ダミーです。実際はご自身のものを使用します。

 

Queriesで引数を確認

引数はQueriesページのURLから全て取得することが可能です。

黄色いところが引数につかう値です。

 

結果

このように取得できます。

 

気になったところ

第三引数(account)の指定時に「OAuthを使用したサードパーティアプリのアクセス」を有効にしてとありましたが、特に何もしなくても取得ができました。

テナントによっては設定が必要かも。

 

感想

引数の意味がわかれば簡単に使えると思います。GetQueryResultsV2を例にしましたが、引数の意味だけわかれば他の関数も扱えると思いますので、是非お試しください。

 

Azure DevOpsはいいぞ。

 

参考URL

Azure DevOpsコネクタリファレンス

https://docs.microsoft.com/en-us/connectors/visualstudioteamservices/#get-query-results

わかりにくい!知りたいことが書いていない!記事に誤りがある!この記事イケてないな!
などありましたらご指摘いただけると幸いです。

コメントまたはTwitterの方までお願いします。