Power Appsの使い方

Power AppsとPower Automateの使い方やできることがわかるブログを目指しています。

Power Apps ギャラリーコントロール上の変更を都度Collectionへ反映させる

Collectionをデータソースとしているギャラリーにテキストコントロールなどを設置して、直接値を書き換える方法について。

 

やり方

ギャラリーでリスト上に表示したCollectionに対して都度更新したい場合、以下のようにコントロールOnChangeなどでPatch()処理を行います。

 

TextInput1.OnChange:

Patch(colItems,ThisItem,{Value1:Value(TextInput1.Text)})

 

OnChangeなどに仕込むことで、変更を半リアルタイムで反映させることができます。

動的に表示したい数値などがある場合に有効です。合計値とか。

 

 

必要がないのであればリアルタイムでの反映は処理速度に影響がでそうなので適切なタイミングで変更を反映するようにしてください。

 

サンプルで使用したCollection

ClearCollect(colItems,{Value1:0,Value2:0},{Value1:0,Value2:0},{Value1:0,Value2:0})

 

わかりにくい!知りたいことが書いていない!記事に誤りがある!この記事イケてないな!
などありましたらご指摘いただけると幸いです。

コメントまたはTwitterの方までお願いします。