Power Appsの使い方

Power AppsとPower Automateの使い方やできることがわかるブログを目指しています。

Power Automate Desktop 無料版の使い所は!?

先日追加費用無しで Windows10 で利用可能になった Power Automate Desktop ですが、実際の使い所はどういうところなんでしょうか。

 

自分なりに少し考えてみました。

 

無料版の制限事項

まずは無料版の制限事項の確認からしてみます。

いくつかありますが気になる点は以下でしょうか。

 

クラウドフローからトリガーすることができない。

・人力でスタートさせる必要がある。

・コネクタを利用できない。

・管理、共有機能が利用できない。

 

細かく確認したい方は下記のページをご確認ください。

https://docs.microsoft.com/en-us/power-automate/desktop-flows/setup#sign-in-account-comparison

 

人力作業を自動操作させるメリット

上記のように有償版と比べると少々劣る点もありますが、この中で自動操作化のメリットを見出してみました。

 

・作業の正確性が100%になり、作業ミスが無くなる。

・作業スピードが早くなる。

・実行中、作業者が休憩や他のタスクを行える。

・単調な繰り返しタスクから開放され、生産的活動に集中できる。

・無償で使えるため、試しやすい。

 

理想論も入っていますが、上記のようなメリットが見込めそうです。

従来であれば費用対効果の検討などのステップが必要でしたが無償なら必要ありません。

 

有償版にするメリット

有償版であればこれに加えて更に多くのメリットを享受できそうです。

 

・共有が可能になり、作業者を限定しなくなる。誰でも作業可能に。

・スキルトランスファーが不要になる。

・人力でのトリガーが不要となり、完全な自動化が可能に。

クラウドフローとの連携が可能になり、高度なフローを構築可能に。

 

社内サポートで活用?

サポート対応時など、画面操作や確認して欲しい情報などを伝えずとも、

実行ファイルを共有して自動操作を走らせてもらうだけで解決、なんてことも実現できそうです。

 

フォローアップ情報も自動処理内でメモ帳に指示内容を埋め込んでしまえば、サポートチームの負担も更に減らせるんじゃないでしょうか。

 

ひとまず使ってみよう!

何よりWindows10に標準で付帯されるというのは強すぎます。

まずは無償で使える範囲から、もりもり活用していきたいですね。

 

PR

Power Apps Power Automate に関する技術支援を提供しています。

Power Apps / Power Automate 技術支援サービス | ZEE CitizenDevSupport

https://powerapps.zee-citizendevsupport.com/

Power Fx とは!?

Power Fx というものが発表されました。

ここでは、Power Fx がなにものか整理してみます。

 

Power Fx とは

Power Fx は、ローコード言語です。

今の所 Power Platform 専用言語と思われます。

 

現状では Power Apps のキャンバスアプリに利用されています。

 

今回の発表ではさらに今後のビジョンが示されました。

Power Platform 全体で Power Fx をつかってカスタマイズができるようになっていくとのことです。

 

この流れを作っていく上で言語として改めて Power Apps キャンバスアプリ構築の関数、数式に名前がつけられたと考えると、理解しやすいです。

 

Power Apps キャンバスアプリの数式 = Power Fx

すでに Power Apps のキャンバスアプリを作成したことがある方は、Power Fx をご存知です。

キャンバスアプリの構築に使用している関数、数式が Power Fx です。

 

Power Apps カスタム関数をVSCode等で構築可能に

ここのところのアップデートで、

 

・キャンバスアプリのコード化

Git共有

・カスタム関数機能(コンポーネントの機能強化)

 

などが提供されました。

この Power Fx を利用すると、開発者は強力なカスタム関数をいつも使っている開発環境で構築し、ソース管理し、共有することができます。

ガッツリ関数を書きたい開発者には朗報ですね。

 

カスタム関数以外でも様々な形で活用ができるでしょう。

 

Power Fx Power Platform 全体に拡張されていく

今後24ヶ月かけて Power Platform の他のサービスの構築に利用できるようになります。

UIベースでのカスタマイズには限界がありますが、少々のローコードによるプログラミングで更に強力にカスタマイズすることができるようになるはずです。

 

他のサービスを習得する際のコストも低減され、どこから Power Platform に入っても Power Platform 全体の活用のハードルが格段に下がることになりそうです。

 

Power BI M言語やDAX関数は不要になる?

上記を見るとDAX関数は覚えなくていいのか?となるかもしれませんが、不要にはならないようです。得意分野は異なるため、併用することになりそうです。

 

PR

Power Apps Power Automate に関する技術支援を提供しています。

Power Apps / Power Automate 技術支援サービス | ZEE CitizenDevSupport

https://powerapps.zee-citizendevsupport.com/

 

 

参考URL

Introducing Microsoft Power Fx: the low-code programming language for everyone

https://powerapps.microsoft.com/en-us/blog/introducing-microsoft-power-fx-the-low-code-programming-language-for-everyone/

 

What is Microsoft Power Fx?

https://powerapps.microsoft.com/en-us/blog/what-is-microsoft-power-fx/

 

Microsoft Power Fx overview

https://docs.microsoft.com/en-us/power-platform/power-fx/overview

Dataverse for Teams 容量が20倍に!

この程 Dataverse for Teams の容量が拡張され、作成可能環境数が最大約10000と、今までの20倍の数作れるようになりました。

 

今まではテナントあたり1TBまででした。めちゃくちゃ容量増えてます。

 

感想

今まででも、中小企業ではそうそう制限に達することはなさそうでしたが、大きいところではまだ不足することがあったようです。

この容量緩和で限られたリソースを奪い合う悲しい悲劇が緩和されることを祈ります。

 

細かい内容は下記を参照してください。

About the Microsoft Dataverse for Teams environment

https://docs.microsoft.com/en-us/power-platform/admin/about-teams-environment#capacity-limits

 

PR

Power Apps Power Automate に関する技術支援を提供しています。

Power Apps / Power Automate 技術支援サービス | ZEE CitizenDevSupport

https://powerapps.zee-citizendevsupport.com/

Power Automate Desktop 無料化!誰でも使えるように!

2021/03/03 より、Power Automate Desktop Windows10に付帯され、追加の費用なしに使えるようになりました!やったぜ!

 

これでRPAし放題です。

 

ダウンロード

手動でダンロードするには以下からできます。

 

ダウンロードページ

https://flow.microsoft.com/ja-jp/desktop/

 

※Power Automate Desktop の旧名は UI Flow です。

 ソフトのインストール時などに出てくるかもなので注意。

 

ただ、利用する際の前提条件があります。下記に載っているので確認しておきましょう。

 

前提条件

https://docs.microsoft.com/en-us/power-automate/desktop-flows/setup#prerequisites

 

感想

今までは月額で費用がかかっていましたが、今後は費用なし!

ますます Power Automate クラウドフロー の活用の幅が広がりますね。
 

ただ、無償だからといって本来 Power Automate クラウドフロー でやるべきことを Power Automate Desktop でやろうとするのはおすすめできません。

きっと不幸なことになります。

 

そこはしっかり役割分担して、うまいことつかっていきたいですね。

ライセンス間の差異などは追って確認してみようと思います。

 

耳寄り情報

Windows 10 なら追加費用なしで利用可能】Power Automate Desktop for Windows 10 の利用開始手順

https://qiita.com/maekawawawa/items/9edbd4c33b780fb2b8ec

非常にわかりやすい利用開始手順の記事です。

 

緊急開催!Windows 10なら無料で出来るPower Automate Desktop勉強会!

https://connpass.com/event/206103/

初心者向けイベントが3/11にあるみたいです。多分Youtube配信?要チェックです!

 

PR

Power Apps Power Automate に関する技術支援を提供しています。

Power Apps / Power Automate 技術支援サービス | ZEE CitizenDevSupport

https://powerapps.zee-citizendevsupport.com/

ForAll + Patch で複数レコードを一括更新する with ThisRecord

以前同様の記事を書きましたが、Power Apps の機能が強化されもっと簡単に一括更新が行えるようになりました。(ThisRecord機能は結構前にアップデートされてた)

 

こちらの記事では、ThisRecordを使用した更新方法について書いていきます。こちらのほうがコードの可読性も向上しますので、おすすめです。

 

やり方

こんな感じで実装できます。

 

ForAll(

    colItems,

    Patch(

        DataSourceItems,

        LookUp(DataSourceItems As Item,Item.ID = ThisRecord.ID),

        {

            CostThisRecord.Cost,

            StatusThisRecord.Status

        }

    )

)

 

以前のやり方に比べて、かなりスッキリ記述することができています。

zezeze.hateblo.jp

 

ThisRecordについて

ThisRecordForAll()Filter()などで現在のレコードを参照するプロパティです。感覚的にはGalleryThisItemに近いです。ThisRecordが使用可能な関数が入れ子になっている場合は、一番階層の深いものを参照します。親階層は参照できません。

 

参考URL

ThisRecord 演算子

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powerapps/maker/canvas-apps/functions/operators#thisrecord-operator

 

PR

Power Apps Power Automate 関連で技術支援が必要な方は下記からお問い合わせください。

 

Power Apps / Power Automate 技術支援サービス | ZEE CitizenDevSupport

https://powerapps.zee-citizendevsupport.com/

Power Apps / Power Automate の開発技術支援サービスや1日トレーニングコースを提供しています。

Power Apps や Power Automateに関する仕事のご依頼は下記ページからお問い合わせください。
ZEE CitizenDevSupport