Power Appsの使い方

Power AppsとPower Automateの使い方やできることがわかるブログを目指しています。

Power Apps 初期Screenを条件により切り替える

Power Appsでは、OnStartプロパティに設定することで初期画面を動的に変更することができます。

 

OnStartプロパティを開く

OnStartはツリービュー > App から参照できます。

 

Navigate()で初期画面を設定する

OnStartにNavigate()関数を記述することで、初期画面を設定できます。

OnStart()のテストは App > OnStart を実行します から行えます。

 

条件分岐させる

If()やSwitch()などにより分岐させることで動的に初期画面を変更することができます。

 

補足

OnStartプロパティの詳細については下記のリンクを参照してください。

 

参考リンク

OnStartプロパティ

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powerapps/maker/canvas-apps/functions/object-app#onstart-property

Power Apps アプリ起動時にパラメータを送る。受け取る。

アプリ起動用URLにパラメータを設定することで、アプリに値を送ることができます。

 

パラメータを渡す

パラメータは?ID=123のようなかたちで渡すことができます。

 

例:

[起動用URL]?ID=123

 

複数のパラメータを渡す

複数パラメータを渡す場合は、&でつなげます。?ID=123&Value=ABCのようになります。

 

[起動用URL]?ID=123&Value=ABC

 

パラメータを受け取る

受け取るには、Param()関数で取得します。

 

例:

Param("ID")

 

グローバル変数で保持する場合:

Set(_id, Param("ID"));

 

参考URL

Param()

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powerapps/maker/canvas-apps/functions/function-param

Power Apps タイマーコントロールが挿入できないんだけど!?

タイマー?そんなの無くね?という方。

 

挿入 > 入力 のパネルはスクロールできます。

下にスクロールしてみてください。

 

十 
Power Apps 
フ ァ イ 丿 し ホ - ム 
ロ 新 し い 画 面 、 / 
D し 一 ヨ 10n 
ツ リ ー ビ ュ ー 
刄 検 索 
日 ] App 
、 ′ ロ Screenl 
ー の Timerl 
ピ ュ ー 
挿 入 
Z ラ ベ 丿 し 
ア ク シ ョ ン 
ボ タ ン 国 テ キ ス ト 、 ・ 
入 力 v ギ ャ ラ リ ー 
69a ロ 日 付 の 選 択 
團 デ ー タ テ ー プ ル 
フ ォ ー 
ム 、 ノ 
尹 
X 
国 
リ ス ト ホ ッ ク ス 
ロ 
チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス 
◎ ラ ノ オ 
切 っ 替 え 
← ス つ イ タ ー 
・ タ イ マ 
Forms pro ア ン ケ ー ト ( プ レ . 
リ ッ チ テ キ ス ト エ デ イ タ ー

 

スライダーとか、タイマーとかが出てきます。

 

 

macユーザーだとスクロールバーが出なく、ハンズオンとかで「タイマー無い!?」という方がいらっしゃったので記事にしてみました。

わかりにくい!知りたいことが書いていない!記事に誤りがある!この記事イケてないな!
などありましたらご指摘いただけると幸いです。

コメントまたはTwitterの方までお願いします。