Power Appsの使い方

Power AppsとPower Automateの使い方やできることがわかるブログを目指しています。

Power Automate x MSGraphで外部テナント操作用カスタムコネクタを作成する

外部テナントをMSGraphで操作するカスタムコネクタ作成について書きます。

 

Power AutomateとMSGraphを組み合わせると、外部テナントと連動するフローなんかもつくれてしまいます。

 

ざっくり手順

ざっくり、以下のような流れで作成していきます。

AzureADでアプリの登録を行う。

・管理者の同意をもらう。

・カスタムコネクタを作成する。

・各自、自由にMSGraphを使用したPower Automateを作成する。

 

カスタムコネクタを作成するまでの手順はほぼ自テナントでMSGraphのカスタムコネクタを作成する手順と同様です。

下記のリンクにわかりやすい手順が乗っているので、参考にしてください。

 

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/tutorials/flow

 

いくつか注意点がありますのでここに書いておきます。

 

管理者の同意について

アクセス許可を設定して利用するには、管理者の同意が必要になります。

設定までしても自動で管理者にメールが行ったりはしないのでとりあえずご安心ください。

 

管理者に同意を求める際には、ページのURLを送ればそのままダイレクトで管理者の方も開けるのでリンクを共有するのがいいと思います。

刄 リ ソ - ス 、 サ - ヒ ス 、 ト キ ュ メ ン ト の ( G ャ 
MicrosoftAzure 
ホ - ム > 」 PALJG_MM - ア フ リ の 登 録 > pow 印 A 猷 0n1 e - API の ア ク セ ス 許 可 
・ 0- PowerAutomate - API の ア ク セ ス 許 可 
概 要 
構 成 さ れ た ア ク セ ス 許 可 
ク イ ッ ク ス タ ー ト 
0 
◎ 
maeda@zee-citizendevs... ・ 
JPAUG_MM - 
ア プ リ ケ - シ ョ ン は 、 同 意 の プ ロ セ ス の - 環 と し て ユ - ザ - か 管 理 者 か ら ア ク セ ス 許 可 が 付 与 さ れ て い る 場 合 、 API を 呼 び 出 す こ と が 承 認 さ れ ま す 。 構 成 さ れ た ア ク セ ス 許 可 の - 覧 に は 、 ア プ リ ケ - シ ョ ン に 
必 要 な す べ て の ア ク セ ス 許 可 を 含 め る 必 要 が あ り ま す 。 ア ク セ ス 訐 可 と 同 意 に 関 す る 詳 紙 情 報 
管 理 
十 ア ク セ ス 許 可 の 追 加 
= 乃 ン ド 
つ 認 証 
API/ ア ク セ ス 許 可 の 名 前 
証 明 書 と シ ー ク レ ッ ト 
VMicrosoft Graph 罔 
Ⅲ 
ト ー ク ン 構 成 ( プ レ 台 ー ) 
」 PAUG - MM に 管 理 者 の 同 意 を 与 え ま す 
種 類 
委 任 済 み 
委 任 済 み 
管 理 者 の 同 意 が 必 要 
GroupMember.ReadWrite-All 
ー っ ・ ー の ア ク セ ス 許 可 ー 
user.Read 
0 A 円 の 公 開 
誂 所 有 者 
ロ ー ル と 管 理 者 ( プ レ 台 ー ) 
マ こ フ 1 ス ト 
サ ポ ー ト + ト ラ ブ ル シ ュ ー テ ィ ン グ 
ト ラ ブ ル カ - テ ィ ン ク 
新 し い サ ポ - ト リ ク エ ス ト 
Read and write group memberships 
Sign in and に ヨ d user profile 
△ JPAUG_MM に 何 与 さ れ て

 

テナントIDは自分で設定する必要がある

自テナントの場合は必要ありませんが、外部テナントにつなげる場合はテナントIDを設定する必要があります。ここだけ自テナントの場合と異なるので注意してください。

 

テナントIDは下記の画面で設定します。

 

カスタムコネクタ テスト用body

テスト用のbodyを置いておくので良ければご利用ください。

 

{

    "requests": [

        {

            "id"1,

            "url""/me",

            "method""GET",

            "headers": {

                "Content-Type""application/json"

            },

            "body": {}

        }

    ]

}

 

カスタムコネクタ作成までの手順を行って、無事テストが通れば作成成功です。

一応取得した内容が外部テナントのものか、テナントIDを設定したか確認してください。

 

手順の通りだと自テナントを参照してしまいます。

外部テナントを対象にする場合はテナントIDを設定してください。

Power Apps / Power Automate の開発技術支援サービスや1日トレーニングコースを提供しています。

Power Apps や Power Automateに関する仕事のご依頼は下記ページからお問い合わせください。
ZEE CitizenDevSupport