Power Appsの使い方

Power AppsとPower Automateの使い方やできることがわかるブログを目指しています。

Power Automate x MSGraphでTeamsのチームにメンバーを追加する

必要なアクセス許可

今回必要なアクセス許可の種類は以下です。

GroupMember.ReadWrite.All

事前にアクセス許可を設定しておきましょう。

 

Teamsのチームに追加する

下記のサンプルのようにするとチームに追加することができます。

 

チームへ追加 サンプル

{

    "requests": [

      {

        "id"1,

        "url""/groups/{GroupId}/members/$ref",

        "method""POST",

        "headers": {

          "Content-Type""application/json"

        },

        "body": {

          "@@odata.id""https://graph.microsoft.com/v1.0/directoryObjects/{UserId}"

        }

      }

    ]

}

 

f:id:botherntu:20200112084121p:plain

 

チームへ追加 パラメータの解説

url内のidGroupIdを指定します。{}は不要です。

body内のidUserIdを指定します。{}は不要です。

 

ここまででチームへ追加することができます。が・・・

 

Docs参考にしてもできない?

Docsを参考にしてもうまくいきません。@付きパラメータがエラーを吐いてしまうためです。

@@にすると解決します。(サンプルでは解決済み)

 

実行するとOffice365Groupに追加される

上記を実行すると、Azure ADでグループに追加できたのを確認できます。

 

Teams反映には時間がかかる

ただ、すぐにはTeamsには反映されません。反映には最大2時間かかるようです。

ご注意ください。

 

参考URL

グループにメンバーを追加する リファレンス

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/group-post-members?view=graph-rest-1.0&tabs=http

 

Office 365 グループおよび Microsoft Teams

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/office-365-groups#group-membership

 

MS Flow doesn't allow adding @ sign in the body of HTTP Action

http://www.suhail.cloud/2018/03/ms-flow-doesnt-allow-adding-sign-in.html

Power Apps / Power Automate の開発技術支援サービスや1日トレーニングコースを提供しています。

Power Apps や Power Automateに関する仕事のご依頼は下記ページからお問い合わせください。
ZEE CitizenDevSupport