Power Appsの使い方

Power AppsとPower Automateの使い方やできることがわかるブログを目指しています。

Power Apps 標準コネクタとプレミアムコネクタっていうネーミングについての意見的な

Power Apps または Power Automateでは、コネクタを使用してさまざまなサービスと連携させることができます。

 

使用できるコネクタは契約プランによってことなり、種類としては

・スタンダード(標準)コネクタ

・プレミアムコネクタ

の2種類存在しています。

 

このスタンダードとプレミアムというネーミング、おかしいと思うんですよ。

 

スタンダードコネクタでできることは限定的

スタンダードコネクタでなにができるかというとざっくり以下のようになります。具体的に知りたい方は各々調べてください。

 

・無料でサービスを提供しているAPIとの連携(twitter gmail など)

Office365系サービスとの連携

 

逆に、以下のようなことはできません。

HTTP接続でサービス連携する

SQL ServerMy SQLなどと連携する

・Azure系サービスと連携する(AzureADを除く)

・オンプレデータソースと連携する

・カスタムでコネクタを作成して任意のAPIと連携する

 

上記のことはもちろんプレミアムコネクタであれば連携できます。

正直、体験版かな?っていうレベルだと思います。

用途としてはOffice365系サービスの連携が主で、それ以外にはあまり本格的にはつかえません。

 

Power Appsもそうですが、Power Automateを本格的に活用していくのであればオプションプランを契約してプレミアムコネクタの活用が必須です。

(もちろんOffice365の連携フローで効率を上げるのも最高の使い方です。そのうちもっといろいろやりたくなるはず。

 

で、こういう声をたまに聞きます。

 

Office365でプレミアムコネクタ使わせてよ!」

 

と。

 

たしかに、スタンダード(標準)コネクタというネーミングだと、とりあえず使いたい機能が有って然るべきじゃね?っていう感想になるのも最もだと思います。

あれば何でも出来ちゃうHTTP接続とか、使わせてくれよと。僕も思うと思います。

 

”贅沢”は言わないんで、”普通”に使うHTTP接続くらいつかわせてくれ、と。

 

コネクタのネーミング的にそういう発想になると思うんです。

 

名前変えたらいいと思うんだよね

個人的な感覚では、

・スタンダードコネクタ → オープンコネクタ / フリーコネクタ

・プレミアムコネクタ  → スタンダードコネクタ

 

こういうネーミングにすべきなんじゃないかと思います。

こうすれば「あぁ、今のプランはスタンダードなコネクタすら使えない機能制限版みたいな状態なんだな」と理解しやすいのかなと。

 

Power Apps / Power Automateのポテンシャルはもっともっとあるんだということを知る切っ掛けになれば良しって感じで。

 

終わりに

基本的に僕は価値のあるものにはどんどんお金を払って使うべきだと思います。そうしないと便利なサービス、製品が成長しないし、自分も払う必要のない余計なコストを様々な形で払うことになるからです。

 

お金で解決できることはお金で解決しましょう。お金で解決できないことに頭と時間を使うべきです。

Power Apps / Power Automate の開発技術支援サービスや1日トレーニングコースを提供しています。

Power Apps や Power Automateに関する仕事のご依頼は下記ページからお問い合わせください。
ZEE CitizenDevSupport